7番目の勅撰和歌集「千載集」その2

「千載集」は、
Wikisourceに全巻掲載されてるので全文読むことができます。

宣下 後白河法皇

撰者 藤原俊成

1187年成立

歌数 20巻1288首


.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

序文に
主に後拾遺集以降の歌を撰んだと書かれています。
(今行く先もはるかにとどまらんため、この集を名付けて千載和歌集という)と書かれ、
はるか千年先までこの集が伝わるように、千載集と名づけたということです。


平氏の歌はすべて「よみ人知らず」とされています。


僧侶の歌が2割と多く、平安朝末期の世相が反映されています。

崇徳院の歌が23首、
崇徳院主催の「久安百首」から127首と沢山収載しているのは、崇徳院(後白河法皇の兄)の鎮魂のためであろうといわれます。


.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆.。.:*

主な歌人
俊頼 52首
俊成 36首
基俊 26首
崇徳院 23首
俊恵 22首
和泉式部 21首
道因 20首
清輔 20首
西行(円位)18首

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

春上66
故郷花といへる心をよみ侍りける

さざ波や
志賀の都は
荒れにしを
昔ながらの
山桜かな

by よみ人知らず
平忠度


昔、天智天皇が都を移した志賀は、壬申の乱で荒れてしまったが、長等(ながら)の山には今も山桜が咲き誇っている。


平家物語・忠度都落」にあるこの歌のエピソード

平清盛が、六波羅を焼き払って、安徳天皇をいただいて西へと落ち延びる時、
清盛の末弟の平忠度は歌の師匠藤原俊成の邸を訪ねました。

懐から歌集を取り出し、せめて一首でも勅撰集に入れてほしいと頼み、別れの挨拶をして従者と共に西へと去って行きました。
翌年、忠度は一ノ谷の戦いで討ち死にしました。

のちに俊成は「千載集」に「詠み人知らず」として忠度の歌を収載しました。


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

雑上962

たが里の
春のたよりに
鶯の
霞に閉づる
宿を訪(と)ふらむ

by 上東門院紫式部紫式部


紫式部集」51の歌。

夫が亡くなり、年が明け「門(喪中)は開きましたか」と言うので詠んだ。

誰の里の春の便りに鶯が、霞に閉じた喪中の家を訪ねるでしょう

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

雑上964

春の夜の
夢ばかりなる
手枕(たまくら)に
かひ無くたたむ
名こそ惜しけれ

by 周防内侍
百人一首67番歌)

返歌
雑上965

契りありて
春の夜ふかき
手枕(たまくら)を
いかがかひ無き
夢になすべき

by 大納言忠家
藤原俊成の祖父、定家の曾祖父)


「百人一首メモノート」67番歌


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

雑上966

いかにして
過ぎにしかたを
過ぐしけむ
暮らしわづらふ
昨日今日かな

by 皇后宮定子

返歌
雑上967

雲の上も
くらしかねける
春の日を
ところからとも
眺めつるかな

by 清少納言

枕草子」からの歌。
清少納言が2、3日実家へ里帰りした時、

中宮様(定子)からのお手紙

どのようにして今まで過ごしていますか。あなたがいない暮らしを寂しく思う昨日今日です。


お返事
雲の上(宮中)でも長くて暮らしかねる春の日を、(田舎では退屈で)何処からということもなくただ眺めているだけです。


参上してから「かねける」とは(いとにくし)と仰せられ、悲しくなりました。本当にその通り(生意気な言い方)だから。

.。.:*・゚♡.。.:*・゚♡.。.:*・゚♡.。.:*

「暮らしかねける」に、定子はちょっと傷ついたのでしょうか、
定子と清少納言の和歌は、何だか仲良しのラインのやり取りみたいです(^^)

f:id:itukasan:20200329132534p:plain