8番目の勅撰和歌集「新古今集」その1

八代集のラスト「新古今和歌集」は、鎌倉時代初期に成立。

平家が壇ノ浦で滅亡し、源 頼朝が鎌倉幕府の初代征夷大将軍となってから、初めての勅撰和歌集
宣下は、後鳥羽上皇

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

鎌倉時代

1180年 源頼朝挙兵。鎌倉に本拠を置く。

1185年 壇ノ浦で平氏滅亡

1187年 「千載集」成立

1192年 源頼朝鎌倉幕府初代征夷大将軍

1199年 源頼朝、死去、満51歳

1202年 源頼家鎌倉幕府2代征夷大将軍(1203年解任され、1204年暗殺される。満21歳)

1203年 源実朝鎌倉幕府3代征夷大将軍

1205年 和歌を好む源実朝、披露前の「新古今集」を京から運ばせる。

1205年 「新古今集」成立

1219年 源実朝、猶子の公暁に襲われて落命。満26歳。

実朝の実子はいなかった為、源氏将軍・河内源氏棟梁の血筋が断絶。

1221年 承久の乱後鳥羽院隠岐に流される。

日本史上、初めて臣下が上皇を処罰。
幕府が朝廷より優位となった。


1226年 藤原頼経九条頼経)が鎌倉幕府4代征夷大将軍摂家将軍となる。
実権は執権の北条氏、北条義時・政子。

f:id:itukasan:20200512073324p:plain

九条頼経は、百人一首91番歌・藤原良経の孫。


九条家(5摂家のひとつ)
初代兼実(藤原忠通の6男)

良経(百人一首91番歌)

道家

頼経(鎌倉4代征夷大将軍

頼嗣(鎌倉5代征夷大将軍


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

その後

鎌倉幕府6代将軍は、後嵯峨天皇の第1皇子・宗尊親王

皇族で初めての征夷大将軍

以降、鎌倉幕府滅亡の第9代将軍まで、皇族将軍(宮将軍、親王将軍とも)


f:id:itukasan:20200512073324p:plain

鎌倉幕府征夷大将軍9代

1192年
1 源頼朝(源氏)

2 源頼家(源氏)

3 源実朝(源氏)の時「新古今集」成立


~「新古今集」までの勅撰和歌集を 『八代集』という~

~この先「新勅撰集」から「新続古今集」までの勅撰和歌集を 『十三代集』という~


4 藤原(九条)頼経(摂家将軍)の時①「新勅撰集」成立

5 藤原(九条)頼嗣(摂家将軍)の時②「続後撰集」成立

6 宗尊親王の時③「続古今集」成立

7 惟康親王の時④「続拾遺集」成立

弘安の役(元軍襲来、漂没)

皇統が南北に分裂

8 久明親王の時⑤「新後撰集」成立

9 守邦親王の時
 ⑥「玉葉集」(北朝・持統院統・伏見院下命)
 ⑦「続千載集」(南朝大覚寺統・後宇多院下命)
 ⑧「続後拾遺集」(南朝大覚寺統後醍醐天皇下命)


1333年 鎌倉幕府滅亡


f:id:itukasan:20200512073324p:plain



室町幕府征夷大将軍15代

1 足利尊氏の時
 ⑨「風雅集」(北朝・持統院統・花園院と光厳院が下命?)成立

2 足利義誼の時
北朝・持統院統・後光厳天皇下命の⑩「新千載集」⑪「新拾遺集」成立

3 足利義満の時
 北朝天皇下命⑫「新後拾遺集」成立
 (直前の「新葉集」は准勅撰集とされる)

 (南北朝統一)

4 足利義持

5 足利義量

6 足利義教の時
最後の勅撰和歌集⑬「新続古今集」(北朝天皇下命)成立

室町幕府は、15代将軍足利義昭で滅亡。

八代集』と『十三代集』合わせた『二十一代集』以降、勅撰和歌集は編纂されていません。

(勅撰集の下命は、将軍ではなく、天皇上皇法皇

北朝南朝天皇上皇、入り乱れてる時代です。

f:id:itukasan:20200329132534p:plain